必死に貯めようと思わなくても、誰でも簡単にできる貯金方法。ケチケチしなくても自然に節約までできます。
  スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  PAGE TOP△
  現金払い用の口座を分ける 
よく、婦人雑誌に『袋分け』というのが出ていますが、
やったことありますか?
うまくいきましたか?

これは、給料日に生活費を全て1000円札で引き出して、
費目別に袋に分けて入れておいて、必要な時に出して使うというもの。
  
私は自分には向いてないと思ってやったことがありません。

だって、面倒くさそうなんだもん!
買い物する時、お金を出すお財布は一つでしょう?!
だったら、わざわざ分けなくても、お財布=生活費でいいじゃん!

それに、袋分けしてあっても、足りなくなったらどの袋からでも
出したくなりませんか?

家に現金があったり、お財布にお金がたくさん入っているとつい使ってしまうので、必要最低限のお金以外は銀行に預けておいた方がいいみたいです。
  
という訳で、私のように『袋分け』に向いてない人へのおすすめは、
引き落とし用の口座[A]と、
現金支払い用、つまりお財布に入れるお金用の口座[B]を
別にすることです。

まず、公共料金や新聞代、習い事の月謝など引き落としにできるものは
全部引き落としにしておきましょう。[A](給与振込等のメイン口座)

次に1か月分の現金で支払う食費などの生活費だけを[B]に移します。
もし、給与の振込先を2箇所に分けることができたら
最初から分けて振込んでもらうと便利ですね。
(私は給与振込を担当しているので、自由にできますが。)

引き落とし分以外の家計費の中で一番節約しやすいのは食費でしょう?!
食費を中心とした現金支払いをこれだけと決めることで、残りを楽に貯金できます。  

そして、これだけと決めた使っても大丈夫なお金しか口座になければ、自然とその範囲でやりくりできてしまうんですね。

更にまとめて引き出さずに、1週間分だけお財布に入れるようにすると
給料日前がピンチというのも防げるのでは?


ここで、 欲しいもののために楽しく貯金の重要ポイントが役立ちます!
 お金がなければ買えないから、買わないんです。
 簡単にカードで買ったり、キャッシングしたりしないようにね!

また最初から予算を少なくし過ぎて、無理しないようにしてくださいね。
  
ちょっと余裕のある予算でも、その中からペットボトルの1年で10万円貯める貯金箱に入れたら、自然と節約&貯金できますから大丈夫です。

ところで、家計簿をつけたことがない場合は、これだけをどれくらいにしたら良いかもわかりませんよね。

考えているくらいなら、取りあえず食費だけでも計算してみませんか?
面倒な作業は必要ありません。
必ずレシートをもらうようにして、1ヶ月分を電卓で計算するだけです。
その中にトイレットペーパー代が入っているくらいは気にしなくていいです。

1ヶ月に使っているお金がわかったら、最初はそれより少し少ない予算でやってみればいいだけです。

スポンサーサイト
テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ
簡単な貯金方法 /  PAGE TOP△
CopyRight 2006 自然に節約-楽々貯金方法 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。