必死に貯めようと思わなくても、誰でも簡単にできる貯金方法。ケチケチしなくても自然に節約までできます。
  スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  PAGE TOP△
生協のチラシを見ていたら、面白いものが載っていました。
お金の貯まるカレンダー
(名前は忘れたので、今勝手に考えました。)

1月1日は1円、2日は2円と1円ずつ増やしていって、
1年で なんと 66,795円貯められるというんです。

でも、1円玉を用意するなんて面倒だな~。
そのカレンダーを買うとお金がかかるし・・・。

で、思いついたのが 1年で10万円貯める貯金箱!

用意するものは、2リットルのペットボトル、カッターだけ。
ペットボトルを洗って乾かしたら、100円玉を入れられる穴を開ければ完成。
( 穴あけは、手を切らないように気をつけてください。
ちょっと大変かな?!)

この時、くれぐれも穴を大きくしすぎないでくださいね。

我が家では、お小遣いが足りなくなった子供達が、こっそり取り出して いました。
ちゃんと、謝って返しましたけど・・・
子供の名誉のため書き添えます。

意思の弱い人は、穴は小さく・・・です。


さて、貯金箱ができたら、これに100円玉を入れるんですけど、
1年でぴったり10万円にしたかったので、
得意の電卓で計算しちゃいました。

結果は・・・


と引っ張るほどのことじゃないか。

   200円ずつ   95日
   300円ずつ 270日

 もし、1月1日から始めると、
   1月1日 から 4月 5日まで 200円
   4月6日 から12月31日まで 300円 となります。 

1日2~300円なら、そんなに負担に感じないでしょう?

ちなみに、私は去年ちゃんと10万円貯まりましたよ。
今年は15万円に挑戦中です。
    
銀行などでもらえる、カードサイズのカレンダーを貯金箱に貼って○印をつけると便利。
 
忘れていても、まとめて入れればOKです。  
この位気楽にやった方がいいと思いますよ。
  
透明のペットボトルに、100円玉がどんどん増えていく。
ずっしりと重い。

1日2~300円でも、1年続けることで、こんなに貯まるんだってことを目で見て、持ち上げてみて感じてください。

貯金の楽しさが味わえる貯金箱です。


そうそう、たまった100円玉を銀行に持って行っちゃだめですよ。
両替すると、手数料を取られます。1000枚で 315円も。
入金しても 315円。 (某地銀の場合)
銀行って儲け過ぎじゃないの~  ブーブーブー。

郵便局は、手数料無料です。
民営化して、有料にしないでね。 小泉さん。


いかがでしたか?
な~んだ、たった10万円か。と思われた方も多いでしょう。
でも、なかなか貯金できない人にとって、最初の100万円までが
一番大変なんですよ。

100万円貯まってしまうと、そこから雪だるま式に増やすことだってできるんですけどね。

今回の10万円は、その第1歩になればと思って紹介しました。
他に貯金している方も、生活費の中から10万円貯められたら、
節約&貯金が一緒にできますよ!
スポンサーサイト
テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ
簡単な貯金方法 /  PAGE TOP△
CopyRight 2006 自然に節約-楽々貯金方法 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。