必死に貯めようと思わなくても、誰でも簡単にできる貯金方法。ケチケチしなくても自然に節約までできます。
  簡単な貯金方法 の記事一覧
  スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  PAGE TOP△
生協のチラシを見ていたら、面白いものが載っていました。
お金の貯まるカレンダー
(名前は忘れたので、今勝手に考えました。)

1月1日は1円、2日は2円と1円ずつ増やしていって、
1年で なんと 66,795円貯められるというんです。

でも、1円玉を用意するなんて面倒だな~。
そのカレンダーを買うとお金がかかるし・・・。

で、思いついたのが 1年で10万円貯める貯金箱!

用意するものは、2リットルのペットボトル、カッターだけ。
ペットボトルを洗って乾かしたら、100円玉を入れられる穴を開ければ完成。
( 穴あけは、手を切らないように気をつけてください。
ちょっと大変かな?!)

この時、くれぐれも穴を大きくしすぎないでくださいね。

我が家では、お小遣いが足りなくなった子供達が、こっそり取り出して いました。
ちゃんと、謝って返しましたけど・・・
子供の名誉のため書き添えます。

意思の弱い人は、穴は小さく・・・です。


さて、貯金箱ができたら、これに100円玉を入れるんですけど、
1年でぴったり10万円にしたかったので、
得意の電卓で計算しちゃいました。

結果は・・・


と引っ張るほどのことじゃないか。

   200円ずつ   95日
   300円ずつ 270日

 もし、1月1日から始めると、
   1月1日 から 4月 5日まで 200円
   4月6日 から12月31日まで 300円 となります。 

1日2~300円なら、そんなに負担に感じないでしょう?

ちなみに、私は去年ちゃんと10万円貯まりましたよ。
今年は15万円に挑戦中です。
    
銀行などでもらえる、カードサイズのカレンダーを貯金箱に貼って○印をつけると便利。
 
忘れていても、まとめて入れればOKです。  
この位気楽にやった方がいいと思いますよ。
  
透明のペットボトルに、100円玉がどんどん増えていく。
ずっしりと重い。

1日2~300円でも、1年続けることで、こんなに貯まるんだってことを目で見て、持ち上げてみて感じてください。

貯金の楽しさが味わえる貯金箱です。


そうそう、たまった100円玉を銀行に持って行っちゃだめですよ。
両替すると、手数料を取られます。1000枚で 315円も。
入金しても 315円。 (某地銀の場合)
銀行って儲け過ぎじゃないの~  ブーブーブー。

郵便局は、手数料無料です。
民営化して、有料にしないでね。 小泉さん。


いかがでしたか?
な~んだ、たった10万円か。と思われた方も多いでしょう。
でも、なかなか貯金できない人にとって、最初の100万円までが
一番大変なんですよ。

100万円貯まってしまうと、そこから雪だるま式に増やすことだってできるんですけどね。

今回の10万円は、その第1歩になればと思って紹介しました。
他に貯金している方も、生活費の中から10万円貯められたら、
節約&貯金が一緒にできますよ!
スポンサーサイト
テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ
簡単な貯金方法 /  PAGE TOP△
  現金払い用の口座を分ける 
よく、婦人雑誌に『袋分け』というのが出ていますが、
やったことありますか?
うまくいきましたか?

これは、給料日に生活費を全て1000円札で引き出して、
費目別に袋に分けて入れておいて、必要な時に出して使うというもの。
  
私は自分には向いてないと思ってやったことがありません。

だって、面倒くさそうなんだもん!
買い物する時、お金を出すお財布は一つでしょう?!
だったら、わざわざ分けなくても、お財布=生活費でいいじゃん!

それに、袋分けしてあっても、足りなくなったらどの袋からでも
出したくなりませんか?

家に現金があったり、お財布にお金がたくさん入っているとつい使ってしまうので、必要最低限のお金以外は銀行に預けておいた方がいいみたいです。
  
という訳で、私のように『袋分け』に向いてない人へのおすすめは、
引き落とし用の口座[A]と、
現金支払い用、つまりお財布に入れるお金用の口座[B]を
別にすることです。

まず、公共料金や新聞代、習い事の月謝など引き落としにできるものは
全部引き落としにしておきましょう。[A](給与振込等のメイン口座)

次に1か月分の現金で支払う食費などの生活費だけを[B]に移します。
もし、給与の振込先を2箇所に分けることができたら
最初から分けて振込んでもらうと便利ですね。
(私は給与振込を担当しているので、自由にできますが。)

引き落とし分以外の家計費の中で一番節約しやすいのは食費でしょう?!
食費を中心とした現金支払いをこれだけと決めることで、残りを楽に貯金できます。  

そして、これだけと決めた使っても大丈夫なお金しか口座になければ、自然とその範囲でやりくりできてしまうんですね。

更にまとめて引き出さずに、1週間分だけお財布に入れるようにすると
給料日前がピンチというのも防げるのでは?


ここで、 欲しいもののために楽しく貯金の重要ポイントが役立ちます!
 お金がなければ買えないから、買わないんです。
 簡単にカードで買ったり、キャッシングしたりしないようにね!

また最初から予算を少なくし過ぎて、無理しないようにしてくださいね。
  
ちょっと余裕のある予算でも、その中からペットボトルの1年で10万円貯める貯金箱に入れたら、自然と節約&貯金できますから大丈夫です。

ところで、家計簿をつけたことがない場合は、これだけをどれくらいにしたら良いかもわかりませんよね。

考えているくらいなら、取りあえず食費だけでも計算してみませんか?
面倒な作業は必要ありません。
必ずレシートをもらうようにして、1ヶ月分を電卓で計算するだけです。
その中にトイレットペーパー代が入っているくらいは気にしなくていいです。

1ヶ月に使っているお金がわかったら、最初はそれより少し少ない予算でやってみればいいだけです。

テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ
簡単な貯金方法 /  PAGE TOP△
  昇給はないと思おう 
4月に昇給がある会社が多いですね。
景気が回復しているとも言われ、今年は昇給もありそうですね。

簡単な貯金として、昇給があってもその分はなかったと思って
貯金するという方法があります。

昇給があると、これで好きなものが買えるとか、
家計が楽になると言ってすぐに使うことを考えがちです。

ここが、貯金のできる人とできない人との違いです。

今までの給料でも暮らして来れたのですから、生活水準を変えてはいけません。
一度贅沢な暮らしをした人は、なかなか元の生活水準に戻すことができなくなります。

贅沢は後の楽しみにとっておきませんか?
欲しい物だって、1年後の方が高性能なものが安く買えることがありますよ。
テーマ:マネー・貯金 - ジャンル:ライフ
簡単な貯金方法 /  PAGE TOP△
| BLOG TOP |
CopyRight 2006 自然に節約-楽々貯金方法 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。